園児の安全について

先日、滋賀県でおきたお散歩時の事故を知った時には、背筋の凍る思いがしました。

保育園で園児と共に過ごす中、日々色々な事が起こります。ですが、やはり安全・安心が根底にないと何も始まらないのだと改めて思いました。そこで、本園でもお散歩時のコースで危険個所を再度確認をし、太陽のテラス・さくらのテラス共に出来る限りのリスク回避に取り組んでいきます。職員はほとんどが車で通勤しています。職員を含めハンドルを握る全ての方々へ、安全運転を意識して行うことを心からお願いを致します。

さくらのテラスの玄関前:住宅街ですが通勤時には裏道となるので意外に交通量があります。必ず手を繋ぎ、左右確認をして出掛けます。

太陽のテラス前の道路:歩道がありますが、1日を通して一定の交通量があります。道路側に保育士が歩く又は必ず保育士と手を繋いでいます。

 

両園から近く散歩時利用している交差点です。手前はガードレールがあるのですが、向かい側はありません。見通しは良いですが、同じようなことが起こらないとは限らない交差点です。迂回を検討しています。

 

大好きな電車の通る踏切:この先に公園があります。手前の道路は幅があるのですが、踏切は急に狭くなり坂にもなっています。少しでも幅の広いなだらかな場所を渡るようにします。

考えるときりがありませんでした。散歩に出るのが正直怖いとも思ってしまいます。しかし、今まで雨以外は毎日戸外遊びを楽しんでいる日常を大人の都合でなくすことは出来ません。今、保育園で出来る最大のことを考え、実行していこうと思っています。

Follow me!

2 thoughts on “園児の安全について

  1. 平野 真梨愛 より:

    さっそく対策を考えてくださり、ありがとうございます。
    親として、車を運転する者としてもあのニュースは他人事では無いと感じました。
    いつも安全な環境で子ども達を見てくださるスタッフの皆様には大変感謝しております。
    戸外での活動は園児にとってとても大切なことだと思っておりますので、これからもよろしくお願いします!

    1. 木村由貴子 より:

      コメントありがとうございました。平野さんの言葉は気をはって頑張っている私達にとってとても励みになります!
      山口県は今日から交通安全運動も始まります。保育園で出来ることと、車を運転する1人のドライバーとして出来ること意識して可愛い園児の楽しい保育園生活を守っていきたいと思います!
      本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =