~ 書道日記 ~

「草の戸も 住み替わる代ぞ 雛の家」 この句は、かの有名な松尾芭蕉が

奥の細道(東北)に出立する前に書かれた句と言われています。

自分が住んだ草庵を売り旅の旅費にし、その草庵に次に来る人が

綺麗な雛飾りを飾ってくれるだろうと思い書いた句だそうです。

  

 

 

「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 この句は、これまた有名な

与謝蕪村が書かれた句です。 春になった海を歌った句でなく

冬の海をみて、早く暖かくならないかなぁ?と願う歌のようです。

 

  

 

 

ちなみに、「ひねもす」とは、一日中、終日という意味だそうです。

勉強になりました(笑)

 

 

少しずつ春を感じ始めてきましたが、朝晩とまだ寒さが残ります。

皆様、御身体ご自愛ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 1 =