3.11 東日本大震災

東日本大震災から8年が経ちました。保育園にいる子ども達は、皆震災後に生まれてきています。

毎日が平穏に過ぎていくことに感謝をし、本州の西の端から東北にむけて皆の元気なパワーを送りますね。

「身体は食べたものでできていて、心は経験や環境、それまでにうけた言葉でできていく」という話があります。どんなことも心の栄養にきっとなっていくのですね。色々な経験を大切に楽しい言葉のシャワーをこれからも降り注いでいける保育をしていきたいと思います。

 

震災のお話、わかりやすい言葉で伝え、黙祷をしました。小さな心にきっと感じるものがあったことと思います。伝えること大切にしたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =